最近ブリッジ日記になってるけど、他のネタを書かなくなったのではなく他に何もやってないだけです
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は霜月はるかさんのLv3ライブ追加公演でした。
ライブがらみではチケット忘れかけたり携帯の画面にひびが入ったりしましたが、いい一日だったと思います。
さっそく感想を書きたいと思いますが、以下に書くことは時系列が正確じゃなかいと思います。
あと興奮して書いてるんでいつも以上に読みにくいかも。

今日のライブはしょっぱなから東京公演でやらなかった『風の理』と『瑠璃の鳥』から始まりました。
二曲とも、特に『瑠璃の鳥』は好きなのでいきなり感激。
さらに三曲目『消えない欠片』あたりから周りのテンションも上がり始めて全員総立ちで手拍子始めました。
シモツキンライブでこんな序盤からこのテンションは今までになかったと思うが、たまにはこういうのもありかなと思う。
シモツキンの盛り上げLvもあがっているのかもしれません。ライブで『お姫様と道化師』やるのは私はすごい好きなのでLv4でも見たいなあ。

その後シモツキンはみんなを座らせて『月追いの都市』『ユラグソラ』『眠りの果ての蒼い花』『忘却の翼』としっとりな曲調が続きます。
『ウィルドラッドの調べ』内の楽曲もとても好きなので『忘却の翼』をやってくれたのがよかったです。
その後シモツキンが着替えるために『フシギノモリ』のインストが入るのですが、ウィルドラットメンバーの演奏で退屈はさせません。
前回の東京公演でもありましたが、今回はアコーディオンが増えており、アコーディオンの絡みが新鮮でした。

着替えを終えたシモツキンはFMC赤坂BLITZ支店を開くために(?)『Break time』を。
この辺は前回と同じだよなゲストにmyuさんが来てkukui曲やるんだろう、と思っていたら今日はkukuiは前回より1曲多い3曲とのこと。
ローゼンの主題歌2つと、聞いていて楽しくなるから好きな曲『Little primrose』をやりいの、myuさんが舞台袖に引っ込んでからはガストタイムということで『白夜幻想譚』からアルトネ3曲へと進みました。
歌うの大変そうだけど私が好きな『白夜幻想譚』をまたやってくれて嬉しいです。
ちなみにアルトネはPS2をそもそも持っていないおらず、CDも買っていないため知らない曲のほうが多いのですが、多重声楽は聴いていて不思議と楽しくなります。
通常パターンに戻ってからは『祈りの種』を挟んで『終焉の刻へ』。
この段階で終わりが近づいているのがよくわかる曲構成だと思う。
『終焉の刻へ』はグリオットの眠り姫では物語の転換点で流れる曲なのですが、これ聴いてライブも転換点かと思わせるのがすごい。
そしてそのまま『終わりのない旅』へと続き、ああ旅は終わんないけどライブはもうすぐ終わるんだねとさびしい気持ちにさせられました。
そしてそのまま最後の曲であり、最近のシモツキンの音楽に対する気持ちを歌った、言い換えると現在のシモツキンをまとめた歌である『導きのハーモニー』へとなだれ込みました。
「ららららららー」って歌ってたらそのまま終了。
多少あざといかもしれない(?)けどああいうみんなが一体になる感じの曲ってライブでやったら本当楽しいですね。

アンコールは『schwarzweiβ ~霧の向こうに繋がる世界~』と、まさかの『COSMOLAGOON』。
シモツキンは『COSMOLAGOON』が好きなんだなぁと今日もまた思わされました。
CDで聴いたときはそうでもなかったですがライブでやるとこの曲は映えると思います。
個人的にはこれ以降もライブの主に追加公演で屋ってほしい曲かもしれない。
この二曲ではみんなが思い思いに飛んだりはねたりするというシモツキンライブでは珍しい(?)盛り上がりようでシモツキンもびっくりしていました。
そして締めの締め恒例の『あしあとリズム』でみんなで一緒に手拍手して終了。
やっぱり霜月はるかさんの曲好きだわ、という思いがこのライブでさらに強くなりましたとさ。

ちなみにシモツキンライブでアンコールコール久しぶりに聞きました。(今まではコール以外でアンコールしてたはず)
やっぱりやる場所が違うとぜんぜん違うのでしょうか。

全体としては3時間ほどのライブという点は東京公演と同じでしたが、追加公演は少しアグレッシブな感じでまた違った楽しみがありました。
行く前は前回と同じ感じなのかなと思っていた私にとってはうれしい誤算です。
少なくとも追加公演に行って損した気分にはなりませんでした。
主に追加公演では盛り上がる系統の曲を多めにするのも手だと思いました。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
今日のライブはしょっぱなから東京公演でやらなかった『風の理』と『瑠璃の鳥』から始まりました。
二曲とも、特に『瑠璃の鳥』は好きなのでいきなり感激。
さらに三曲目『消えない欠片』あたりから周りのテンションも上がり始めて全員総立ちで手拍子始めました。
シモツキンライブでこんな序盤からこのテンションは今までになかったと思うが、たまにはこういうのもありかなと思う。
シモツキンの盛り上げLvもあがっているのかもしれません。ライブで『お姫様と道化師』やるのは私はすごい好きなのでLv4でも見たいなあ。

その後シモツキンはみんなを座らせて『月追いの都市』『ユラグソラ』『眠りの果ての蒼い花』『忘却の翼』としっとりな曲調が続きます。
『ウィルドラッドの調べ』内の楽曲もとても好きなので『忘却の翼』をやってくれたのがよかったです。
その後シモツキンが着替えるために『フシギノモリ』のインストが入るのですが、ウィルドラットメンバーの演奏で退屈はさせません。
前回の東京公演でもありましたが、今回はアコーディオンが増えており、アコーディオンの絡みが新鮮でした。

着替えを終えたシモツキンはFMC赤坂BLITZ支店を開くために(?)『Break time』を。
この辺は前回と同じだよなゲストにmyuさんが来てkukui曲やるんだろう、と思っていたら今日はkukuiは前回より1曲多い3曲とのこと。
ローゼンの主題歌2つと、聞いていて楽しくなるから好きな曲『Little primrose』をやりいの、myuさんが舞台袖に引っ込んでからはガストタイムということで『白夜幻想譚』からアルトネ3曲へと進みました。
歌うの大変そうだけど私が好きな『白夜幻想譚』をまたやってくれて嬉しいです。
ちなみにアルトネはPS2をそもそも持っていないおらず、CDも買っていないため知らない曲のほうが多いのですが、多重声楽は聴いていて不思議と楽しくなります。
通常パターンに戻ってからは『祈りの種』を挟んで『終焉の刻へ』。
この段階で終わりが近づいているのがよくわかる曲構成だと思う。
『終焉の刻へ』はグリオットの眠り姫では物語の転換点で流れる曲なのですが、これ聴いてライブも転換点かと思わせるのがすごい。
そしてそのまま『終わりのない旅』へと続き、ああ旅は終わんないけどライブはもうすぐ終わるんだねとさびしい気持ちにさせられました。
そしてそのまま最後の曲であり、最近のシモツキンの音楽に対する気持ちを歌った、言い換えると現在のシモツキンをまとめた歌である『導きのハーモニー』へとなだれ込みました。
「ららららららー」って歌ってたらそのまま終了。
多少あざといかもしれない(?)けどああいうみんなが一体になる感じの曲ってライブでやったら本当楽しいですね。

アンコールは『schwarzweiβ ~霧の向こうに繋がる世界~』と、まさかの『COSMOLAGOON』。
シモツキンは『COSMOLAGOON』が好きなんだなぁと今日もまた思わされました。
CDで聴いたときはそうでもなかったですがライブでやるとこの曲は映えると思います。
個人的にはこれ以降もライブの主に追加公演で屋ってほしい曲かもしれない。
この二曲ではみんなが思い思いに飛んだりはねたりするというシモツキンライブでは珍しい(?)盛り上がりようでシモツキンもびっくりしていました。
そして締めの締め恒例の『あしあとリズム』でみんなで一緒に手拍手して終了。
やっぱり霜月はるかさんの曲好きだわ、という思いがこのライブでさらに強くなりましたとさ。

ちなみにシモツキンライブでアンコールコール久しぶりに聞きました。(今まではコール以外でアンコールしてたはず)
やっぱりやる場所が違うとぜんぜん違うのでしょうか。

全体としては3時間ほどのライブという点は東京公演と同じでしたが、追加公演は少しアグレッシブな感じでまた違った楽しみがありました。
行く前は前回と同じ感じなのかなと思っていた私にとってはうれしい誤算です。
少なくとも追加公演に行って損した気分にはなりませんでした。
主に追加公演では盛り上がる系統の曲を多めにするのも手だと思いました。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:霜月はるか - ジャンル:音楽

【2010/05/16 00:34】 | 音楽
【タグ】 霜月はるか  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。