最近ブリッジ日記になってるけど、他のネタを書かなくなったのではなく他に何もやってないだけです
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南ドイツ旅行二日目ー。
いろいろと時間がないので箇条書きの体で。

フランクフルトは都会過ぎてみるところがないという噂だったので電車に乗ってマインツへ。
マインツって大司教がいたイメージしかなかったんですが、印刷技術の父グーテンベルクの生まれた地だったりといろいろと面白そうなところということで期待してたんですが月曜日だったためにグーテンベルク博物館はやっておらず。
マインツの大聖堂も月曜日だったために博物館はやっておらず。月曜日はこういうことがあるんですね。

博物館を除くとマインツで印象に残っているのがまずこのライン川。
ちょうどマイン川とライン川の合流するところが見れて、ヨーロッパの川ってでかいなあと思わせてくれました。
Rhein

マインツには教会がいくつかあるのですが、神聖ローマ帝国の七選帝侯が一人マインツ大司教の総本山マインツ大聖堂がでかかったです。外見に比して中身はずいぶんと落ち着いた雰囲気なのがいかにもバロック調といった感じでした。敬虔なクリスチャンもしくは歴史好きな人はこういうの好きかもしれませんね。
逆に僕みたいなどっちでもない人にはまぁ行かなくてもいいかなあと。博物館やってれば感想は変わったかもしれませんが。

期待していた両博物館が閉まっていたのでぶらぶら歩いていたら昼食の時間に。
頑張ってドイツ語で注文をしてみたら何とか通じたのが嬉しかったです。でも食べたのはシュニッツェル。
でも何とか通じたドイツ語に自信をつけたのかこれ以降食事はほとんど`Was empfehlen Sie ~?'で通したので大きな進歩だったかと。
昼からおいしいワインを飲んで日本の5月くらいの日差しの中、ボーっとするのはいかにも休日といった感じで、一人旅ならではののんびりした時間のすごしかたができました。
110725_lunch

さてすることがなくなった後はぶらぶらと歩いてザンクト・シュテファン教会というところにたどり着きました。ここのステンドグラスが非常に綺麗でしてこれだけでマインツに来た甲斐もあったなあと思えるものでした。(僕に光を撮る技術がないので綺麗な写真がないorz)
もう教会内が海の底のような青さで素晴らしかったです。

その後本当にすることがなくなったのでちょっと足を伸ばしてイーダー・オーバーシュタインへ。
ここはドイツ観光街道の一つ宝石街道(Edelsteinstaraße)の中心地で宝石博物館(鉱石博物館といったほうが適切だと思う)があります。
他にも崖の上の方にある教会や、オーベルシュタイン砦(レストランになってた。しかも月曜だから閉まってた)などもありなかなかに面白かったです。
Idar-oberstein

Schloss_Oberstein

その後、フランクフルトまで戻って名物リンゴワインを飲んでこの日は終了。
リンゴワインはあんまりおいしくはなかったかなあと。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【2011/08/09 23:24】 | 旅行
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。