最近ブリッジ日記になってるけど、他のネタを書かなくなったのではなく他に何もやってないだけです
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日はFC2blogの調子が悪くて、更新できなかったので今更更新。

最終話終わったテンションも冷めやらぬ内にまどかマギカの感想を書いてみようかと。
思えば原画うめてんてーだから&魔法少女だからという理由で見始めたころとは、自分の中の視聴目的がだいぶ変わっていて感慨深いものがありますね。

それにしてもタイトルに名前が載っていて主人公と明言されているまどかが全然主人公っぽくないなとずっと思っていましたが、11話を見て「あぁ確かにまどかが主人公だ」と納得。とくにまどかがほむらのところに行く時のまどかママとの会話はこれぞ主人公と言える場面でした。
1話から見ているとまどかは迷ってばっかりで、まどかママに助言を求めますが具体的行動を起こせないまま(おこさないまま?)事態は悪いほうに進展していくことが多かったです。しかし11話になってまどかはついに自分で道を見つけ、自分の確たる意思で(まさに後悔なんて、あるわけないの精神)ママと対峙します。この対比はまさにまどかの成長物語という意味でまどかが主人公になっています。魔法少女になって強くなったんじゃなくて、さやか・マミ・杏子・ほむらの全員との交流からここまで来れたんだねと思うと感慨もひとしおです。
このシーンだけでまどかマギカを見てよかったと思うくらいですね。

逆に公式にもう一人の主人公と書かれていたさやかは確かに序盤の主人公的立ち位置でしたが、どちらかというと物語の進行のためのギミックを詰め込まれた人物といった感じで、物語上のもう一人の主人公はほむらでしたね。さやか不憫すぎる。。。

そしてまどかの願いですが、これが漫画とかアニメだとよく否定される生き方に近いので、私から見てもこれって本当にハッピーエンドなのかという疑問からか、終わり方にちょっと消化不良感が残ってます。
とくに最終話はまだちゃんと考察できてないので12話の感想は変わる可能性高いですが、今はこんな感想に。せっかく11話で主人公に押し上げたまどかが12話での選択が(この状況になってしまったら仕方ないとはいえ)主人公っぽくないのも原因かもしれません。
まどかがほむらを最高の友達と言えるようになるのが、最高の友達たりえない関係(人と概念)になった後というところがなぁ。
いやまぁ、面白かったですけどね。

どうでもいいけど無理に深読みしてみますと、人と家畜の話の後に世界書き換えで魔女→魔獣の変化はいろいろと考えさせられるものがあります。


あと謎の白い液体のCMが多すぎ。
スポンサーサイト

【2011/04/23 00:57】 | アニメ
【タグ】 アニメ  
トラックバック(0) |
毎週土曜日に漫画喫茶でblogを更新するる~りらです。
宇都宮駅から漫画喫茶まで遠いです、もっと近くにあってもいいと思う。
まぁ3月から東京に帰れるのであと少しの辛抱といったところですが。
最近は毎週金曜日の深夜アニメを見ることが唯一といってもいい楽しみなので今週もてきとー感想を。

今週もまどかマギカのQBが黒くて大変憂鬱にさせられました。
さやかスキーとしてはさやかがこのまま生き残れるか非常に心配です。
そういう意味では杏子にがんばってほしいところです。(はじめは杏子うぜーと思っていたのに不思議

日に日にまどかがどこに行きたいのかわからないですが、さやかを見捨ててほむらを助けるなんて展開にならないことを祈っております。いやまじで。

GOSICKは九条がどんどんかっこよくなりヴィクトリカもどんどんかわいさを増していてまどかの前の心の清涼剤です。
それ以外に何があるかというと難しいですが、あえて言えばヴィクトリカかわいい

【2011/02/26 18:10】 | アニメ
トラックバック(0) |
まどかマギカが面白いのにネットがなくてなかなか更新できないる~りらです.

今週も怒涛の展開で目が離せないですね.
さやかスキーとしてはこの展開は予想してなかった.
杏子と歩み寄ってぎこちなく立ち直るところまでは予想していたのですが,実利(こういう言い方はひどいかもだが)の面でも突き落としにくる製作陣マジQB.
QB以外の行動原理と考えが理解できるキャラクターばかり(現段階ではまだほむほむが何考えているかわからないですが)いるので悲惨さがダイレクトに伝わってきて苦しいです.←でも見る

まどかは魔法少女にならないのではないかと予想していましたが,今回の話でさやか一人で回す展開に終わりが見えかけてきたのでそろそろ魔法少女になるかもしれないなぁと.
ただそのときはさやかが今以上に悲惨な状況になっていそうで怖い.
タイトルって物語の中で体外ネガティブに否定されているので(「もう何も怖くない」とかある意味で顕著)
来週の物語進行にも目が離せないです.

ちなみにとっといたビデオを見てやってみたんですが,まどかマギカとGOSICKの見る順番をひっくり返し得た方が見やすい.
まどかマギカは絵の可愛さをストーリーで中和(?)してますがGOSICKは人が死んだりする部分をキャラクターで中和してるのでGOSICKを後に見ることで心がすごく和む

【2011/02/20 14:48】 | アニメ
トラックバック(0) |
予約し損ねていたリリカルなのはの映画のDVDを無事手に入手できました.

nanoha_Movie_DVD

土曜日は朝早いので後でゆっくり見ようと思っていたのですが,テンションマックスになってきたので睡眠時間を削って見てしまいました.

ホントはこの映画あんまり見たくないのです.
いやいや勿論言うまでもないですが,内容はとても面白いんですよ,睡眠時間削ってもいいほどに.
ただこの映画見てるとなんで展開知ってるはずの自分がこんなにもガチ泣きしてるのか,ホントに意味がわからない!!
さらにそこから進んで自分がきもいと思ってしまうせいなんですが.

Don't be longのサビに入るところでフェイト参戦.もうこのくだりで泣く.
その直後のなのはの「うん,うん,うん」でもう画面が見えない(←ここマイベストシーン).
この後はもうずっと涙だらだらで見てます.
プレシアの最期のあれとかも反則だと思うんだ.

今からA'sを見直すか寝るか,はたまた無印(これもまた映画版かアニメ版か)を見直すか悩み中.
1話の「友達だ」まで見て明日以降続きを見る,が無難かな.

【2010/11/27 02:09】 | アニメ
トラックバック(1) |
今日はリリカルパーティ4に行ってきました.
といっても『リリカルなのは』は好きですが,イベントには友人に誘われただけだったので勝手がわからないことばかりで
したが.
特に,こんなにも盛り上がるイベントは初めてなので水樹奈々・田村ゆかりのライブを見てびっくりしました.
そうかサイリウムはああやって使うのか.

前半のトークイベントは昔のクイズ番組のセット見たいなのに7人が座ってお絵描きをやったりしていました.
ごく個人的感想を言わせてもらうと『水橋さんかわいい』,ですかね.

ヴォルケン'sの登場後のシャッフルアフレコはこれ全然別の作品だろうという突っ込みをしたくなるような,面白いアレンジが見れました.
五十嵐さんの「ごめんなさい」は名言だと思います.

そして映画版DVD予約し忘れていたことを今更思い出す始末.
当日難民として歩き回ることになりそうです.

【2010/11/24 01:07】 | アニメ
トラックバック(1) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。