最近ブリッジ日記になってるけど、他のネタを書かなくなったのではなく他に何もやってないだけです
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんな話は微塵もしていませんでしたが11月23日にドイツ語検定4級を受けてきました.
きっかけは7月のオーストリア旅行で実はこつこつ勉強してたりしますが,モチベーションの維持を目的に申し込んだので出題範囲がさっぱりわからずに受験してました.
あれだけ頭抱えていた過去形(不規則変化)と比較形が一切出ないってどういうこと,と思いながらも問題のほうはそこそこ解けたかなと(誰か不規則変化の覚え方教えて).
ただどれだけの正解率で合格かも知らないので受かってるのかさっぱりです.

そんな独検,悪い成績ではなかったのですがやっちまったと思ったことが一つだけ.
リスニングで数字を聞き取る問題の時に4と5を間違えてしまいました.
数字に関して4(vier[フィア])と5(fünf[フィンフ])だけは認識してから咀嚼しないとわかんなくなってしまうのにまるで成長していないという.
この成長のしていない自分を実感できただけでもなんか負けた気分になりました.

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ドイツ語学習 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2010/11/25 22:01】 | 語学
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。