最近ブリッジ日記になってるけど、他のネタを書かなくなったのではなく他に何もやってないだけです
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はシモツキンこと霜月はるかの誕生日&アコースティックライブに行ってきました.
昼しかチケットが取れなかったので今回は昼だけ行ってきました.
昼しかチケットを取らなかったあの時の自分を殴ってやりたいです.

音コンから始まるとは予想外でしたが,その後はSacred Doorsにフシギノモリからシモツキンのあしあとを過去から未来へ進んでいきました.
個人的にはその直後に流れた『遠い伝承歌』からちょっと後の『忘却の翼』が好き過ぎたために,序盤で脳汁でまくって大変でした.
そんな中で曲の合間に流れるその曲作曲当時のシモツキンの心境解説などがあったり,他にもMCでいろいろ語ってくれたのが印象に残っています.
特にメジャーアルバム発売の時である『あしあとリズム』の作曲時の心境を聞いた直後にあしあとリズム流すとか反則だと思いましたよ.正直感動で涙が.
あしあとリズムで意識した(一応その前から知ってはいたが)身としてはあの流れで感度するなと言う方が無理ですって.

そしてそして,実は一番驚いたのが『お姫様と道化師』の時のシモツキン.
シモツキンが笛を吹いてました.
シモツキンがアコーディオン以外の楽器を弾いている姿を初めて見たのですが,笛吹いている姿はわたわたしてて超絶可愛くて困るわけでございますよ.

『終わりのない旅』までやり,アンコールでもっかい出てきての一曲(『導きのハーモニー』)の前奏で突然シモツキンのサプライズハッピーバースデー(去年も同じ演出あったじゃんていう突っ込みはなしで)に移行.
去年は周りに流されて「Happy Birthday Dear」の後にシモツキ~ン♪と歌えなかったので(去年はみんなばらばらな呼称だった気がする)今年は事前にこう歌うぞと決めておいたのがよかったのかちゃんとシモツキンの誕生日を祝えた気がします.

昼の部しか行かなかったこと以外で唯一の心残りとしては,アンコールの時の『導きのハーモニー』でのサビの部分の掛け合いのところ,私が本当に阿呆で一部の歌詞を失念してしまったために,ほとんど参加できなかった(周りもあんまり参加してなかったのがちょっと悲しいけどそんなことを言える立場にないのが一番悲しいです)ことです.
『いのちと約束』の「FEL FERY~」のところも(みんな歌わないのかよと突っ込みを入れつつ)小さな声でぼそぼそとしか歌えなかったのが悔やまれます.

それでも今回のライブ,私にとってはとても楽しくて有意義な時間をすごせたと思います.
特に最近ぼーっと生き始めていた私には,シモツキンのあしあとを再実感することでもう少し目標を持って生きていこうかなと思わせてくれたました.
何かを作ってる人ってホントすごいですよね.


同じ理由で取り損ねたみとせさんのライブのチケットどうにかして取れないかな、と本気で凹んできました.
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:霜月はるか - ジャンル:音楽

【2010/11/15 23:34】 | 音楽
【タグ】 霜月はるか  
トラックバック(0) |
出張やらなんやらで一週間ほど音沙汰なかったる~りらです.

垂れ流したいことは多々あれどとりあえず,11月15日のシモツキン収穫祭(誕生日ライブ)のチケットを確保しました.
ちなみにチケット発売日は仙台に遊びに行っていたので,夜の部のチケットは売り切れていました.
しかしこんなこともあろうかと11月15日に有給をとっておいたので,昼の部でも問題なく参加.

惜しむらくはチケットの席が二階席.
まぁ予約遅かったから取れただけでも良しとしますか.

FC2blog テーマ:霜月はるか - ジャンル:音楽

【2010/10/24 23:27】 | 音楽
【タグ】 霜月はるか  
トラックバック(0) |
今日はTEAM Entertainment Live Act 2010に行ってきました。

アーティストが12もいてさらにアルトネコーナーとかもやっていたために、2曲くらいずつ歌って4時間弱というなかなかに壮大なライブでございました。
残念ながら全員の歌い手さんを知っているわけではないのですが、とても楽しめたので感想軽く書いてみようかと思います。

『yorlga』が個人的にとても良かったのでぜひ生で聴きたいということで、実は一番期待していたみとせのりこさんは初めのほう(4人目だったかな)でした。
みとせさんは『yorlga』から5曲ほど歌い、短い時間ながらも私は帝都の不思議な雰囲気を生で感じることができました。
曲目リストは『珠ノ舟』『桜散ル夜~ハナチルヨル~』『夢ヲ買イ□』『異界の底に棲むモノは』『狐―キツネツキ―月』の順でして、初め二曲で異界の門口に立たされ『夢ヲ買イ□』ですでにもう異界の真ん中に立っている気分でした。
どれも好きな曲だったので生で聴けただけですごくよかったです。
ついでですが、私初めてみとせさんを生で見たのですが浴衣で歌ってる姿がかっこよかったです。

先週まで単独ライブに行ってきた霜月はるかさんは順番が最後だったこともあり、盛り上がってる中で歌い始めるものだから先週までの単独ライブとはまた違った感じになっていました。
(私が勝手に)ゆるいんだろうなと思っていた茶太さんでもすっごく盛り上がっていたし、ここまでの流れを作った歌い手含め会場全体の人はすごいなぁといったところです。特にRitaさん。

アルトネコーナーはPS3持っていないためにアルトネ3わかんなくて乗れないかなと思っていたら、うれしいことにみとせさんが前作の歌ってくれたりEXEC_RIG=VEDAもあったりで、結構楽しめたました。
いい加減PS3買うべきか。


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:邦楽 - ジャンル:音楽

【2010/05/24 00:25】 | 音楽
【タグ】 みとせのりこ  霜月はるか  
トラックバック(0) |
今日は霜月はるかさんのLv3ライブ追加公演でした。
ライブがらみではチケット忘れかけたり携帯の画面にひびが入ったりしましたが、いい一日だったと思います。
さっそく感想を書きたいと思いますが、以下に書くことは時系列が正確じゃなかいと思います。
あと興奮して書いてるんでいつも以上に読みにくいかも。

今日のライブはしょっぱなから東京公演でやらなかった『風の理』と『瑠璃の鳥』から始まりました。
二曲とも、特に『瑠璃の鳥』は好きなのでいきなり感激。
さらに三曲目『消えない欠片』あたりから周りのテンションも上がり始めて全員総立ちで手拍子始めました。
シモツキンライブでこんな序盤からこのテンションは今までになかったと思うが、たまにはこういうのもありかなと思う。
シモツキンの盛り上げLvもあがっているのかもしれません。ライブで『お姫様と道化師』やるのは私はすごい好きなのでLv4でも見たいなあ。

その後シモツキンはみんなを座らせて『月追いの都市』『ユラグソラ』『眠りの果ての蒼い花』『忘却の翼』としっとりな曲調が続きます。
『ウィルドラッドの調べ』内の楽曲もとても好きなので『忘却の翼』をやってくれたのがよかったです。
その後シモツキンが着替えるために『フシギノモリ』のインストが入るのですが、ウィルドラットメンバーの演奏で退屈はさせません。
前回の東京公演でもありましたが、今回はアコーディオンが増えており、アコーディオンの絡みが新鮮でした。

着替えを終えたシモツキンはFMC赤坂BLITZ支店を開くために(?)『Break time』を。
この辺は前回と同じだよなゲストにmyuさんが来てkukui曲やるんだろう、と思っていたら今日はkukuiは前回より1曲多い3曲とのこと。
ローゼンの主題歌2つと、聞いていて楽しくなるから好きな曲『Little primrose』をやりいの、myuさんが舞台袖に引っ込んでからはガストタイムということで『白夜幻想譚』からアルトネ3曲へと進みました。
歌うの大変そうだけど私が好きな『白夜幻想譚』をまたやってくれて嬉しいです。
ちなみにアルトネはPS2をそもそも持っていないおらず、CDも買っていないため知らない曲のほうが多いのですが、多重声楽は聴いていて不思議と楽しくなります。
通常パターンに戻ってからは『祈りの種』を挟んで『終焉の刻へ』。
この段階で終わりが近づいているのがよくわかる曲構成だと思う。
『終焉の刻へ』はグリオットの眠り姫では物語の転換点で流れる曲なのですが、これ聴いてライブも転換点かと思わせるのがすごい。
そしてそのまま『終わりのない旅』へと続き、ああ旅は終わんないけどライブはもうすぐ終わるんだねとさびしい気持ちにさせられました。
そしてそのまま最後の曲であり、最近のシモツキンの音楽に対する気持ちを歌った、言い換えると現在のシモツキンをまとめた歌である『導きのハーモニー』へとなだれ込みました。
「ららららららー」って歌ってたらそのまま終了。
多少あざといかもしれない(?)けどああいうみんなが一体になる感じの曲ってライブでやったら本当楽しいですね。

アンコールは『schwarzweiβ ~霧の向こうに繋がる世界~』と、まさかの『COSMOLAGOON』。
シモツキンは『COSMOLAGOON』が好きなんだなぁと今日もまた思わされました。
CDで聴いたときはそうでもなかったですがライブでやるとこの曲は映えると思います。
個人的にはこれ以降もライブの主に追加公演で屋ってほしい曲かもしれない。
この二曲ではみんなが思い思いに飛んだりはねたりするというシモツキンライブでは珍しい(?)盛り上がりようでシモツキンもびっくりしていました。
そして締めの締め恒例の『あしあとリズム』でみんなで一緒に手拍手して終了。
やっぱり霜月はるかさんの曲好きだわ、という思いがこのライブでさらに強くなりましたとさ。

ちなみにシモツキンライブでアンコールコール久しぶりに聞きました。(今まではコール以外でアンコールしてたはず)
やっぱりやる場所が違うとぜんぜん違うのでしょうか。

全体としては3時間ほどのライブという点は東京公演と同じでしたが、追加公演は少しアグレッシブな感じでまた違った楽しみがありました。
行く前は前回と同じ感じなのかなと思っていた私にとってはうれしい誤算です。
少なくとも追加公演に行って損した気分にはなりませんでした。
主に追加公演では盛り上がる系統の曲を多めにするのも手だと思いました。


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:霜月はるか - ジャンル:音楽

【2010/05/16 00:34】 | 音楽
【タグ】 霜月はるか  
トラックバック(0) |
先ほどまで霜月はるかLv3ライブに行ってました。導きのハーモニーを合唱してきましたよ。これで私もハーモニーの要素の一つ、だといいなあ。

というわけで感想を。

まず一言、いいライブでした。
二時間くらいで終わるのかなと思ってたら三時間やってくれました。

大雑把な曲目についてですが、導きのハーモニーがでたばかりなのでみちハモの曲は多めでした。それをのぞけば基本満遍なくで、ファンタジーしもつきん好きもゲームのしもつきん好きもどちらも楽しめるようになっていました。私はどっちもいける口なのでダブルで楽しめたのでハッピーでした。
特筆すべきは生で歌うの大変だろうな、と思っていたため好きなんだけど生で聞くことは諦めていた『白夜幻想譚』を生演奏は無理としても生しもつきんでやってくれたことでしょうか。

最後の最後、アンコールの『あしあとリズム』でしもつきんが泣きそうだったのを見て、よっしゃ泣かせてやると意味不明な意気込みで手拍子してました。

あとしもつきんが『COSMOLAGOON』好きなのはわかった。初めの方に持ってきたのはウィルドラッドのメンバーが映えて正解だったかも。あと後ろの方に『霧の向こうに繋がる世界』があったのも同じ意味でよかったです。


ps
ライブ終了直後で興奮してて文章が読みづらいのが残念です。後日PCから文章校正しますんでご勘弁を。


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:霜月はるか - ジャンル:音楽

【2010/04/29 20:54】 | 音楽
【タグ】 霜月はるか  
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。